スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院

先日受けた検診の結果(所見ありのエコー画像)を医務室の方がくれたので、それをもって、病院に行ってきました。


検診結果では、子宮頚部に筋腫(40×36×36mm)、乳腺は繊維線種と思われるということでその大きさは10×8×8mm、とありました。


婦人科と外科にそれぞれ受診。

婦人科では、経膣エコーをやりました。女医さんで一安心合格

結果は確かに筋腫はあるけれど、2cmほどの小さいもので、経過観察で大丈夫だと言われてホッとしたのもつかの間、両側の卵巣が腫れているとのこと。検診で見えていたものは、子宮ではなくて腫れた卵巣がうつっているのではないか、と言われました。

内膜症からくる卵巣の腫れかもしれない、ということでそれを検査(腫瘍マーカー)するために、本日は採血して終了でした。

場合によっては、もっと詳しい検査をして、手術しなくてはいけなくなるかもしれない、と言う事も言われてちょっとびっくりしましたが、きっと大丈夫です。(何の根拠もないが・・・)


次に外科。男性医師でがっくりガーン

ほぼ繊維線種で間違いないであろう、ということでした。

触診もされました。男性のしかも若い医師だったので、かなり緊張。

それが伝わったのか、看護婦さんが優しく声をかけてくださり、助かりました。


影が気になるようでしたらマンモグラフィー検査をしますか?と聞かれたので、受けてきましたよ。

噂ではものすごく痛い、ということでドキドキでした。というよりも、もっと気になっていたのが、技師さんが男性だったらどうしよう、ということ。

実際に名前を呼ばれて検査室に入ってみたら、待ち構えていたのは、とっても若い『男の子』という表現がぴったりな技師さんでしたショック!汗

かなり恥ずかしい思いでしたが、実際、検査が始まったら技師さんの顔をみるような余裕もなくて、意外と平気でした。おっぱいはかなりペッタンコな状態になるまで板で挟まれましたが、それほど痛みもなかったです。


それにしても病院はいつも混んでいますね。


会社で検診結果を配られて、若いねーちゃんや、馬鹿オヤジどもは不健康自慢をしているところをよく見かけます。あれって本当に健康を失ったことがないからこそできるんだろうなぁと思うのは私だけかな。


次は一ヵ月後の受診。

それまで少しだけ心配です。




ポチっとよろしくねハート

にほんブログ村 OL日記ブログへ にほんブログ村 ハムスターブログへ


スポンサーサイト

コメント

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。